O-ringテスト(O-リングテスト)

TOP
医院案内
アクセス 西村歯科は、歯だけでなく、体全体の健康を考えた治療を行うことによって、西村歯科に来て本当によかったと思える医院にします。
O-ringテストを用いて、安全で副作用の無い検査を行います。
ご質問
院長紹介
O-ringテスト
顎関節症
顎関節症治療
予防矯正
インプラント
床矯正
O-ringテスト
症例紹介


口腔内マニュピレーション

2種類のマウスピース

アゴの悩みネットでご相談

パワースポットの旅

抜かない歯列矯正-床矯正-

o-ringTEST
肩こり腰痛顎関節症治療顎関節症治療コース治療方法治療比較
医院案内アクセスバス時刻表院長紹介スタッフ募集ご質問のページQ&Aパワースポットの旅顎関節症無料市民講座
予防矯正床矯正症例紹介O-ringテストアマルガム歯周病親知らずと整体西村歯科のカウンセリング遠方でも西村式顎関節症治療

O-ringテスト



私のO-ringテストを利用した治療法  

患者さんの肩を触ってどこがどの程度悪いか、O-ringテストにより判定します。

step1

O-ringテスト写真402私が左手で「O」(オー)をすることによりオーの手の力の入れ具合の強弱で判定します。   
オーの手の力の入り具合が強いと感じられるときはその場所は正常でオーの手が弱く感じられると、その場所は異常で肩がこっていたり、肩が張っていたりするのです。

 

step2

o-ringテスト写真406今度は頭を触れてみます。
オーをした手の指が弱く感じたら頭痛があったり、頭が張っているということがわかります。

上半身全てを手で触れてみて異常の有無を判定します。

step3

o-ringテスト写真410今度は割り箸を噛んでもらいます。
左右いろいろな場所で割り箸を噛んでもらい、どの場所で噛んだときが体が一番楽になるかを感じてもらい、判定します。
体の一番楽な位置とはオーをしたときにオーの手が一番力が入る場所です。

割り箸を噛んで楽になる歯はその場所が全ての歯の中で低いということが診断できます。
低い歯に注目して治療を進めていきます。

■そもそもO-リングテストとは?  

O-リング・テストとは患者様の病歴や主訴をまったく知らなくても、体全体の「臓器の異常」や「循環の障害」を見つけ出すことができる検査方法です。

当院では「かみ合わせの治療」「薬が効くかどうかの判定」「金属アレルギーの有無」の判定に、使用しています。

もともと 「O-リング・テスト」は、大村恵昭博士(ニューヨーク医科大学教授)により研究されたもので、米国にて特許申請され、1991年に認可されたものです。

すでにアメリカ、ヨーロッパ各国では、多くの医師積極的に臨床に取り入れております。

 


大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518 
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2002-2010  Nishimura shika. All rights Reserved