顎関節症の治療症例

TOP
医院案内
アクセス 噛み合わせを正しくすると子供の姿勢もよくなります。
当院では子供の噛み合わせ異常を治療することにより姿勢もよくなる身体全体の治療を行っています。
ご質問
院長紹介
O-ringテスト
顎関節症
顎関節症治療
予防矯正
インプラント
床矯正
O-ringテスト
症例紹介


口腔内マニュピレーション

2種類のマウスピース

アゴの悩みネットでご相談

パワースポットの旅

抜かない歯列矯正-床矯正-

o-ringTEST
肩こり腰痛顎関節症治療顎関節症治療コース治療方法治療比較
医院案内アクセスバス時刻表院長紹介スタッフ募集ご質問のページQ&Aパワースポットの旅顎関節症無料市民講座
予防矯正床矯正症例紹介O-ringテストアマルガム歯周病親知らずと整体西村歯科のカウンセリング遠方でも西村式顎関節症治療

症例紹介


■当院で行ったほんの一部の症例を報告します。

3〜4日の来院で症状の改善が見られます。 


下の歯が見えない症例
前歯がすいている症例
反対咬合
アゴのズレ及び歪み
睡眠時無呼吸症候群
金属アレルギー
子供の矯正(床矯正)
くいしばりの症例
子供の姿勢




ワイヤーで固定の症例
 11-1 写真入治療症例1  
■年齢  39歳
■性別  女性
■地域  東京
■氏名


■主訴
後頭部から首肩が痛い。
顎がつかれている感じがする。
近所の歯医者で食いしばりといわれた
中学生のころ矯正をして歯が動かないようにワイヤーで固定した。


■診断
右側と左側のかみ合わせの高さが違う。
とりあえず昼用と夜用のマウスピースを作成して次回までどれだけよくなるか見てみた。
ワイヤーで下の歯が固定されていてどうも固定の仕方が悪く歪んだ状態で固定されているようだ。


■対策
患者さんの同意を得てワイヤーを外すことにした。
右が外したワイヤー


外した後身体を押したりすると外す前に比べて体が動かなくなった。



■結果
外した後患者さん曰く。「すっきりした」と。


約1か月後の数字です。
劇的に数字がよくなりうそのように改善されたと喜んでいただきました。

原因はワイヤーによる固定

固定の仕方がねじれて固定されていて身体がねじれた状態のまま長年生活していた。
歯に入れるブリッジもねじれた状態で入っている場合もある。



 


大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518 
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2002-2018  Nishimura shika. All rights Reserved