顎関節症治療は 大阪堺市中区の西村歯科
 
 
   
   

 

 顎関節症の治療

  顎関節症の最新治療方法

 

A 専門のカウンセラーからカウンセリングを受けます

1.今までの治療経過、生活習慣、一番何にお困りかをお聞きします。
 (西村歯科のカウンセリング)

2.姿勢写真をお取りして現状の姿勢を確認してもらいます。
 (実は姿勢悪化が食いしばりの原因であった)

姿勢写真の撮影
歪みの解析

3.なぜ食いしばるようになったか、どうしたらよくなるかを院長が根本的にご説明いたします。

 

B 昼用、夜用装置を作成

昼用・夜用2つの装置を作る理由


■昼用装置


 

利点
夜食いしばっても身体への負担が減少し、劇的に改善される人がいる。

欠点
まれに装置を余計に噛んで良くなりにくい人がいる。
このような方は姿勢改善が必要。
※改善指導を行います。

C 夜用・昼用装置2個を使用した時の治療回数

初回 診察+昼用マウスピースの型取り+夜用装置作成完成
2回目 昼用マウスピース装着+夜用装置調整+姿勢の確認
※1週間から1か月後の来院で約30分
3回目 昼用・夜用装置の調整+姿勢の確認
※約1か月後で約15分

■装置を入れてもどうしても食いしばってしまう人は

姿勢改善プログラムの実施

  1. 姿勢の指導
  2. ストレッチ指導(下図 エクササイズ1、2)
  3. 靴の履き方、歩き方の指導 (詳しくはこちらをどうぞ)
  4. 枕の高さの指導
  5. 腹式呼吸の指導

※ 装置の調整は最初は3週間から1か月後に調整。
通常3回から4回の調整で終了、その後3か月に1度の調整を行います。

まだよくならないと感じる方は再度写真撮影をしどれだけ良くなっているかを確認後ストレッチ指導などを行います。

6.2回から3回の調整後良くなればかみ合わせ治療を行います。
7.身体に良くない銀歯を身体に優しい歯に交換。噛みやすいかみ合わせに変更していきます。

D 症状が改善されれば、矯正及びかみ合わせ治療が可能

 

60歳 男性の治療例です。
具体的内容は下記のとおりです。

F Hさん 60歳  男

☆主訴  反対咬合


☆カウンセリング内容 
両アゴ開閉時にカキンと音が鳴る。
他院でマウスピースを作成したが、就寝時装着する。
 肩こりがあり、朝起きたら歯がしびれている。咀嚼すると、アゴがだるくなる。
マウスピースもくいしばる為、すぐに割れてしまう。肩こり、腰痛がひどく、痛み止めの注射打っています。歯の治療するたびに、噛み合わせがおかしくなり、歯を削られた為に、上の歯が下の歯茎に当たるようになってきた。
歯周病だと言う事で抜歯をした。その後インプラントを入れたが噛み合わせが低く負担がかかった。
これらの事があり、歯科には不信感がある。
☆治療期間  2年半
☆治療内容
夜用のスプリントと昼用のマウスピースを入れてまずいろんな辛い症状を取り除いた。



症状がある程度改善がみられてから上下左右の奥の歯をすべて仮歯におきかえた。
置き換えたのちすべて奥の歯を3回ぐらいに分けて高くしていった。
一番苦労したのは下アゴを前に出して長年噛んでいたために正常咬合になってもどうしても顎を前に出して食事をしてしまうことです。



前歯の上下が反対咬合なので上の歯を矯正で前にもっていくことにした。




置き換えたのちすべて奥の歯を3回ぐらいに分けて徐々に状況をみながら高くしていった。
一番苦労したのは下アゴを前に出して長年噛んでいた癖が正常咬合になっても
前で噛むためにかみあわせがなかなか安定せずに時間がかかった。
仮歯にするのに半年、矯正でT年、噛みあわせの安定を見るのに1年かかった。

 


 

 

 

 
医院案内
院長紹介
アクセス
スタッフ募集
マスメディア実績
顎関節症
顎関節症治療
顎関節症治療コースと費用
セルフケア
良い姿勢とは
くいしばり改善
改善しない人とは
歯列矯正
床矯正
インプラント
入れ歯治療
歯周病
フレイル治療
質問フォーム
よくある質問

大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2008-2021 Nishimura shika. All rights Reserved