顎関節症の治療方法

顎関節症治療のパイオニア 大阪の西村歯科 TOP
医院案内 顎関節症治療は大阪府堺市中区の西村歯科
アクセス 大阪の当院での顎関節症治療は年間300例を超える顎関節症治療実績(2017年1月〜12月)の大阪の当歯科医院がアゴの悩みを解消いたします。
ご質問 堺市中区福田868-1 向井ビル2F TEL:072-239-1518
院長紹介
O-ringテスト
顎関節症
顎関節症治療
予防矯正
インプラント
床矯正
O-ringテスト
症例紹介


口腔内マニュピレーション

2種類のマウスピース

アゴの悩みネットでご相談

パワースポットの旅

抜かない歯列矯正-床矯正-

o-ringTEST
肩こり腰痛顎関節症治療顎関節症治療コース治療方法治療比較
医院案内アクセスバス時刻表院長紹介スタッフ募集ご質問のページQ&Aパワースポットの旅顎関節症無料市民講座
予防矯正床矯正症例紹介O-ringテストアマルガム歯周病親知らずと整体西村歯科のカウンセリング遠方でも西村式顎関節症治療

顎関節症治療


 ■ 顎関節症の最新独自治療方法 ■ 

◆顎関節症治療の最新治療方法◆

■当医院ではまず、どのくらい顎関節症がよくなるかをその場で体験していただきます。
これは、年間300例を超える顎関節症治療実績(2017年1月〜12月)の中から生み出された経験により、あごをその場で、正しい位置にもっていくことができるのです。

この経験に基づき、まず来院されたら、正しい顎の位置を見ていただきます。
(患者様の顎の位置を手で正しい位置にもって行きます)
そうすると、いままでの痛みがスット無くなるのが体感できます。      
   
このように、すぐに効果があらわれますので、治療時間、回数が非常に少なくてすみ、どの程度回復するかがその場でわかるのです。         
その結果、このようにして体験していただいたあごの位置に、どういうふうにずれたあごを持っていくかを説明させていただき、納得がいきましたら、すぐに本格的な治療に入ります。
ですから、遠方からでも無理なく安心して通院していただくことが可能なのです。(初診時に、その日から治療を開始いたします)
          

【顎関節症患者の治療法実例】  

■では、実例を基に当医院の治療方法を説明いたします。
以下の歯形は、実際の患者様の治療前から、治療中、治療後を型取ったものです。

では、実際に順を追ってご説明いたします。


治療前の歯型1
1写真1-1
治療前の歯型2
1写真1-2
1. この 写真1-1 は治療前の歯型です。
この症例は前面から見ますと上顎と下顎とでは中心がずれています。

上顎は固定されているものとして見ると、下顎が左(向って右)へずれています。また、写真1-2 では下顎が奥へもずれているのがわかります。
さらに、この患者様は下顎の歯が短いということもおわかりと思います。       


2.マウスピース

マウスピースにレジンを乗せる
正しい位置での噛み合わせとなる

マウスピースにレジンを乗せる

正しい位置での咬み合せとなる
まず、第一段階としてマウスピースを製作いたします。
全て当院で患者様ごとに製作しております。

マウスピース上にレジンをのせ、下顎の位置を正しい位置へもって行きます。
(これは3次元的に全ての方向で正しい位置に持っていく必要があるため、
必ずO-ringテストを使用して、正しいかみ合わせ、あごの位置決め(※1)を行います。正しい位置決めには2〜3回の来院が必要です)
これが通常の歯科医院ではできない技術です。

※1: 正しい位置とは、患者様の体が楽なな位置、すなわちアゴの痛み、肩こり、頭痛が消える位置のことです。

※O-ringTESTについてはこちらをどうぞ
 

次に正しいかみ合わせの場所をあごが記憶するまでしばらく待ちます。
正しい顎の位置

正しいアゴの位置

(通常1ヶ月ぐらいです)
 (ここで、たんにマウスピースを入れただけですと、間違った位置であごの場所を記憶してしまうばかりか、治療とは程遠い結果となります。
 ただ、ざんねんなことに、ほとんどの歯科医院はこの、正しくない方法をとっているのです。だから患者様はマウスピースを入れることによりかえって苦痛になり、症状がひどくなることがよくあるのです。)



3.
プラスチックの仮歯

プラスチックの仮歯

あごが正しい位置を記憶した段階で、マウスピースをはずし、正しい位置の噛み合せになるように仮歯を作成し装着します。

 (これは、マウスピースをはずした後、記憶した正しいあごの位置で、食事はもとより、日常生活全般が問題なく行えるかを最終チェックするためのものです)
患者様が、食事を十分にとることができ、体も楽になると次のステップに移行します。



4.
本格的なかぶせ

本格的な「かぶせの完成」

仮歯装着後、問題がなければその状態を保つために、同じ位置に同じ形状大きさの本格的な「かぶせ」を作成し装着します。
(むろん仮歯は取り除きます)

右写真の A.B.C. のように、「かぶせ」にはいろいろな種類があります。

アレルギーのある患者様は C. のように金属を使用しないオールセラミックを使用します。
A.B.は金属を使用しています。

後は経過観察だけです。

ここがポイント:
最近になって顎関節症治療をうたう歯科医院様が急増していますが、実際の治療には相当な経験を必要とします。
当院は顎関節症だけですでに年間300例以上の治療実績(2017年1月〜12月)があり、その経験によって今日の当医院の独自治療法が確立されました。

マウスピースを口に入れただけでは何の解決にもなりません!
かみあわせを正しい状態にして、あごの位置を正しい位置にしなければ無意味なのです。

マウスピースを口に入れただけでもその場が少し楽になるかもしれませんが、当院の治療結果とはかなりの隔たりがあります。
大学病院でも改善されずにあきらめかけている患者様も非常に多いのです。

なぜ顎関節症がつらいのか?
どうすればつらくなくなるか?
多くの患者様と接してきた当院院長が丁寧に解説いたします。
是非一度ご相談ください。

他の医療機関でマウスピースを入れたけれど改善されない、大学病院で治療を受けたけれどもよくならないという方も、是非一度当院にご相談ください。
当院は顎関節症を中心とした歯科医院です。

「やみくもに」治療している医院様とはまったく違います!
また、顎関節症治療方法で成果が出せないで悩んでいる先生方にも喜んで治療方法をお教えいたします。
当医院だけでは全国の顎関節症患者様を全て治療するのは不可能だからです。

ご興味のある先生は是非ご連絡ください。      
お待ちしております。
         

 

 


大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518 
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2009-2018  Nishimura shika. All rights Reserved