顎関節症治療は 大阪堺市中区の西村歯科 <>
 
 
   
   

 

 良い姿勢とは

 




食いしばりをやめるには姿勢の改善が必要


不定愁訴「肩こり、頭痛、腰痛、その他いろんな悩み」を改善しようと思えば姿勢の改善が必須です。
まず自分で試してみてください。

ステップ1
左右の足全体が地面に対してどこに重心が在りますか。まず自分の姿勢の確認です。
つま先ですか。
踵ですか。
足の外側ですか。
どこでしょうか。
今度は
首を回してください。
息を吸ってください。
唾を飲み込んでください。

 

ステップ2
今度は首が回りやすく息がしやすい位置、首肩が少しでも楽な位置、唾が飲みやすく、息が吸いやすい位置に、身体を前後左右に動かしてみて探して見てください。
どういう姿勢になれば楽になるか答えは、身体が前方に移動して前にこけそうになる位置に移動すると楽になることがわかります。

バランスの良い姿勢は地面に対して直角よりやや前方に身体がある

首が良く回るようになりましたか息がしやすくなりましたか。
なんとなしに良くなったかで大丈夫です。
身体が楽になる位置の姿勢がわかると、口が開きやすくなり、顎の痛みも減少しているはずです。

確認ができたら


ステップ3
良い姿勢になると前に倒れそうになるので、それを改善する為に良い歩き方や、ストレッチをすると自然と身体が前方移動して良い姿勢になる。

まず歩き方です。
歩き方は左右の足の親指に力を入れて、又は意識して歩いてみてください。
3分ぐらい歩いてから立ってみてください。
1、かがと重心からつま先の方に重心が移動するのがわかります。
2、つま先の方に重心が移動すると下顎が少しですが前方に移動して口腔内が広くなるのが感じられるはずです。
3、肩の凝りも少しは楽になるはずです。
足が地面に均等にかかる感覚を覚えてください。
良い姿勢にすれば身体が楽になる事をまず理解してください。


 

 

 

 
医院案内
院長紹介
アクセス
スタッフ募集
マスメディア実績
顎関節症
顎関節症治療
顎関節症治療コースと費用
良い姿勢とは
くいしばり改善
改善しない人とは
歯列矯正
床矯正
インプラント
入れ歯治療
歯周病
フレイル治療
質問フォーム
よくある質問

大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2008-2021 Nishimura shika. All rights Reserved