歯を抜かなき矯正は 大阪堺市中区の西村歯科
 
 
   
   

 歯列矯正

 

 

1 中切歯     
2 側切歯     
3 犬歯
4 第1小臼歯
5 第2小臼歯  
6 第1大臼歯    
7 第2大臼歯     
8 第3大臼歯
検査内容
歯型取り
レントゲン写真
咬合圧・口輪筋の測定
模型の分析
     

矯正装置の種類

@ 側方移動(平行)    
顎が全体的に萎縮しているケースは、顎全体を横に広げて、歯の並ぶ正しい大きさにしていきます。


A 側方移動(ファンタイプ)
臼歯部の咬み合わせが良好な状態で、前歯部だけが萎縮しているケースは、前歯部のみ広げたいので、扇状に拡大します。顎全体を拡大すると、臼歯部の咬み合わせが悪くなります。
※ただし、臼歯部の咬み合わせが良好でも、上下を一緒に拡大する場合は、ファンタイプではなく、平行側方になります。

B 前方移動
犬歯の生えるスペースがなかったり、前歯が反対に生えている(反対咬合)ケースは、前歯を前方に押し出します。
部分的な移動も可能です。

C 後方移動    
大臼歯(6)を後方に移動させることにより、スペースを作ります。スペースが確保できたらボタン+ゴムを利用して小臼歯を後方に移動させます。
側方移動や前方移動を使用しても、まだ犬歯の生えるスペースが足りない時や、上下の咬み合わせの関係でそれ以上拡大できない時、部分的にスペースの足りない時に使用します。
例)


D 閉鎖型(並べる装置)     
拡大していってスペースを作った後に、2〜2の歯を並べる為に使用します。唇側と舌・口蓋側の2つのワイヤーで挟むことにより、アーチの形に並べます。
※場合によっては閉鎖型ではなく、ブラケットをつけてのワイヤー矯正になることもあります。早く、きれいに並ぶので、歯軸がずれている場合だけでなく、希望によりブラケットをつける場合があります。
   
使用例)
 
ブラケット)    
   


     
     


 

 

 

 
医院案内
院長紹介
アクセス
スタッフ募集
マスメディア実績
顎関節症
顎関節症治療
顎関節症治療コースと費用
セルフケア
良い姿勢とは
くいしばり改善
改善しない人とは
歯列矯正
床矯正
インプラント
入れ歯治療
歯周病
フレイル治療
質問フォーム
よくある質問

大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2008-2020 Nishimura shika. All rights Reserved