肩こり腰痛を歯科医院で治療

顎関節症のパイオニア TOP
O-ringテスト
顎関節症
顎関節症治療
予防矯正
インプラント
床矯正
O-ringテスト
症例紹介


口腔内マニュピレーション

2種類のマウスピース

アゴの悩みネットでご相談

パワースポットの旅

抜かない歯列矯正-床矯正-

o-ringTEST

肩こり・腰痛を歯科医院で治療

■鍼灸院やマッサージでも治らない肩こり・頭痛・腰痛について。


■歯医者さんで治す肩こり・頭痛・腰痛について■

 

◆なぜ「肩こり・頭痛・腰痛」が歯医者さんで治るのか、不思議に思われる方も多いと思いますが、肩こり・頭痛・腰痛はその原因はいろいろあるのですが、鍼灸院やマッサージにいって、その場は楽になっても直ぐに元に戻ってしまう場合が多いですよね。
こんな時は「歯科医院」で治療するのがベストなのですよ。
ここではよくある「肩こり・頭痛・腰痛と歯科医院の関係」についてを中心に、多く寄せられる質問を掲載してみました。

◆実際の治療は?
下の写真の昼用と夜用のマウスピース(実用新案取得済)の装着で約95%の確率で改善が可能です。特に腰痛は身体のバランスの崩れから発症。
下の2つの装具は身体のバランスを整える装具です。
来院時その場で装着により改善が実感体験できます。
昼用マウスピース
夜用マウスピース



整骨院などで治らない肩こり・頭痛・腰痛とはどのようなものですか?
病気が原因となる肩こり腰痛は歯科では治りません。病気以外で特にくいしばりのひどい人は肩こり腰痛は整骨院に行ってもその時は楽でも強い力でまたくいしばってしまうと、またもとにもどってしまいます。
整形外科学会でも腰痛はストレスが関与していると言っています。
85%の腰痛がレントゲンを取っても原因が不明で職場での人間関係や仕事量の多さ仕事上の不満、うつ状態など心理社会的要因が関与している強い証拠があると指摘している。これは、ストレスによる夜のくいしばり、昼のくいしばりを意味しています。
頭痛は80%が緊張性頭痛といわれていてくいしばりが主な原因です。
どうして歯が原因で肩こり・頭痛・腰痛が生じているとわかるのですか?

くいしばりが原因と考えているので歯を見ると必ずくいしばりの症状が出ています。
それはTOPページの「食いしばっている人の状態」をご覧ください。

整骨院で治らない肩こり・腰痛がなぜ歯科医院で治るのですか?

肩こり、腰痛の主たる原因は歯と歯を大きな力でかみしめることによる力が原因で生じていると考えています。
その力をコントロールできるのは歯科だけです。
でも整体をすることにより筋肉をリラックスさせ、体のバランスをうまく保つと楽になることがもちろんあります。
すべて歯科でよくなるとは限りませんが、整体よりも歯科での方が力のコントロール体のバランスを保つ治療がやりやすいです。
うまく整体、歯科をコラボさせればより早くよくなりやすいと考えます。

どこの歯科医院でも肩こり・腰痛を治してくれるのですか?

治してくれません。肩こり腰痛はかみあわせが原因だと言っている先生もいますし、歯と全々関係がないという先生もいらっしゃいます。

どうやって噛み合わせが原因の肩こり・腰痛か、そうでないかを調べるのですか?

肩こり腰痛はかみ合わせが原因ではありません。
くいしばりによって、大きな力が作用して体のバランスをくずし肩こり、腰痛が発生します。
その為にかみ合わせを治すことによりくいしばりにくくします。

整骨院でも、歯が原因の肩こり・腰痛かそうでないかを教えくくれますか?

整骨院の先生は歯が一つの原因だとは思っていません。
でも歯が大きく影響していると考えている先生もいます。

歯科医院での治療の場合、健康保険は使えますか?

使用できます。
中程度ぐらいまでの人は保険でできる場合がありますが、やや重症の場合は保険外治療になります。
また、もっときちんと治したい場合も保険外治療になります。
費用は10万〜100万ぐらいです。
程度によって費用に差があります。

整骨院での治療と歯科医院で治療の大きな違い(根本的な)はなんですか?

整骨院では、お口の中を触れることはできません。
歯科医は整体もハリもできます。

どのくらいの期間で肩こり・腰痛は治りますか?

装置を用いれば1回で軽減することがありますし、装置を用いなくても、ちょっとしたかみ合わせの調整をするだけでよくなる場合もあります。
一般的にかみ合わせをよくする装置や夜のくいしばりをなくする装置を用いれば3回ぐらいの来院で改善される事がよくあります。

再発はしませんか?

再発は全くしない人もいてますし、する人もいます。
再発する人は、装置をまた装着してもらいます。
装置を手ばなせない人もいます。人それぞれです。

整骨院へいくと、その場は楽になるのですがすぐに症状が再発します、これはなぜですか?

やはり夜のくいしばりが大きいです。
楽になっても大きな力が体にかかることによってもとのもくあみになります。



 



大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518 
 E-mail:web@nishimura-shika.com 
Copyright (C) 2002-2017  Nishimura shika. All rights Reserved