顎関節症の治療症例

TOP
医院案内
アクセス 噛み合わせを正しくすると子供の姿勢もよくなります。
当院では子供の噛み合わせ異常を治療することにより姿勢もよくなる身体全体の治療を行っています。
ご質問
院長紹介
O-ringテスト
顎関節症
顎関節症治療
予防矯正
インプラント
床矯正
O-ringテスト
症例紹介


口腔内マニュピレーション

2種類のマウスピース

アゴの悩みネットでご相談

パワースポットの旅

抜かない歯列矯正-床矯正-

o-ringTEST
肩こり腰痛顎関節症治療顎関節症治療コース治療方法治療比較
医院案内アクセスバス時刻表院長紹介スタッフ募集ご質問のページQ&Aパワースポットの旅顎関節症無料市民講座
予防矯正床矯正症例紹介O-ringテストアマルガム歯周病親知らずと整体西村歯科のカウンセリング遠方でも西村式顎関節症治療

症例紹介


■当院で行ったほんの一部の症例を報告します。

3〜4日の来院で症状の改善が見られます。 


下の歯が見えない症例
前歯がすいている症例
反対咬合
アゴのズレ及び歪み
睡眠時無呼吸症候群
金属アレルギー
子供の矯正(床矯正)
くいしばりの症例
子供の姿勢




子供の姿勢の症例
 10-3 写真入治療症例3  
■年齢   8才
■性別  女性
■氏名

■主訴

身体のバランスを良くする為。

■対策
ひろばの体操」、靴の履き方、歩き方を指導

■進捗
初診3月25日より開始したが思うような結果が得られなかった。
子供の場合4〜5ヶ月ぐらいには結果が出るが当の本人はきちんと実行しているということです。
■新しい対策
道具を用いて姿勢の改善を計るようにした。
斜面板を用いて行った。
この装置は下アゴを前方に移動して前でかむようにする装置です。
下アゴを前に出すと姿勢がよくなり身体のバランスがよくなります。
この位置を装置で覚えてもらいます。
斜面板をはずしても下アゴが前方に位置するまではめます。
6ヶ月ぐらいはかかります。






 10-2写真入治療症例2  
■年齢  11才
■性別  女性

■主訴

姿勢を治療したい。


■対策
ひろばの体操」、靴の履き方、歩き方を指導


■理由
ひろのば体操をたまに忘れてやらないことが有るが
継続して行った
4か月後左右の姿勢を見ると良くなったことがわかる。





 10-1写真入治療症例1  

◆反対咬合治療で改善した子供の姿勢治療例◆


■年齢  3才
■性別  男

■主訴

反対咬合を治療したい。

左右大きなズレ
来院時の反対咬合



■姿勢の状態
まっすぐにじっと立っていられない。
おなかが突き出ていてそり腰である。

■対策
毎日1回「ひろばの体操」を行ってもらう。

■理由
姿勢を改善する前にまず、足の重心のバランスを整える。

姿勢の改善が見られ、その結果反対咬合に改善の兆しが見えてきた。

■継続治療
2ヵ月後に報告







 


大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518 
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2002-2017  Nishimura shika. All rights Reserved