顎関節症治療は 大阪堺市中区の西村歯科
 
 
   
   

 

 かみ合わせ治療の症例紹介(身体のズレ、顔のゆがみの症例)

 



■当院で行ったほんの一部の症例を報告します。

3〜4日の来院で症状の改善が見られます。 


下の歯が見えない症例
前歯がすいている症例
反対咬合
アゴのズレが大きい
睡眠時無呼吸症候群
金属アレルギー
子供の矯正(床矯正)
くいしばりの症例
子供の症例





身体のズレ、顔のゆがみの症例
 4-3写真入治療症例3  

◆マウスピースを使った治療例◆


マウスピース装着でその場で改善した症例です。



■装着期間はマウスピースを外しても下あごがすれないようになるまで装着します。
最低3か月は装着します。
長ければ長いほど顎がずれないで安定すると同時に肩凝り、頭痛、首の凝りも症状が改善されます。



アゴのズレが大きい症例
 4-2写真入治療症例2  
◆マウスピースを使った治療例◆

1)初診時の写真です、軽くお口をあいたときの写真です
左右大きなズレ
左右大きなズレ

少し中心がずれているのが分かります。このズレがくいしばりによりアゴの痛み肩こりの原因になりやすいのです。

2)マウスピースを入れてズレを治します。
中心が大体一致するのが分かります。
この(写真:正面4)はマウスピースをはずして撮った写真です。
 
3)ズレを治すと上の歯と下の歯がかみ合わないため(写真:上あご5)のようにかみ合うようにします。
上あごの写真向かって右側は仮の銀歯(写真:仮の銀場6)が入っています。
向かって左側は仮の銀歯をはずして最終的なかぶせ(ゴールドの詰め物)を1ケづつ行った写真です。

4)(写真:上あご7)は最終的なかぶせを左右行った写真です。
中心も一致しています。
あごの痛みはまったくなくなりました。

正面4
上あご5
仮の銀歯6
上あご7



 

 

 

 
医院案内
院長紹介
アクセス
スタッフ募集
マスメディア実績
顎関節症
顎関節症治療
顎関節症治療コースと費用
セルフケア
良い姿勢とは
くいしばり改善
改善しない人とは
歯列矯正
床矯正
インプラント
入れ歯治療
歯周病
フレイル治療
質問フォーム
よくある質問

大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2008-2021 Nishimura shika. All rights Reserved