かみ合わせ治療の症例紹介 大阪堺市中区の西村歯科
 
 
   
   

 

 かみ合わせ治療の症例紹介(金属アレルギーの症例)

 



■当院で行ったほんの一部の症例を報告します。

3〜4日の来院で症状の改善が見られます。 


下の歯が見えない症例
前歯がすいている症例
反対咬合
アゴのズレが大きい
睡眠時無呼吸症候群
金属アレルギー
子供の矯正(床矯正)
くいしばりの症例
子供の症例




金属アレルギーの症例
 7-15症例15 金属アレルギーが原因のアトピーの症例
金属アレルギーが原因の
アトピー症例
下顎原因金属
下顎原因金属を除去後
上顎の原因金属
上顎の原因金属を除去後
アトピー症例
アトピーはなくなりました


■年齢  33才
■性別  女

■主訴  

アトピー

■治療暦

出産してからアトピーになり、じんましんひどくなった。
薬を飲んだりしても全く治らない。
金属アレルギーがあり、かぶれやすく、敏感肌だった。

■治療の流れ

口腔内の金属を全て除去し、セラミックに交換した。
アトピーの原因は金属であった。
金属除去後、じんましんは消え元のきれいな肌に戻りました。

 7-14症例14 噛みあわせわせよりも口腔内の金属が問題であった症例
体に合わない金属が原因の症例
金属が原因の症例

■日付  H24.12.
■氏名  I.F
■年齢  11才
■性別  女
■住所  大阪府富田林市

■主訴  

頭が痛い 慢性のじんましん

■治療暦

頭痛い。慢性のじんましんでどこの病院に行っても、よくならない。
一度、噛み合わせを見てほしいと来院。

■治療の流れ

噛み合わせよりもまず第一に金属を疑った。
オーリングテストにより金属が原因だとわかり、その日に除去した。その結果、頭痛は翌日から消失。
慢性じんましんは少しずつ治っていると言う事です

 

 



 7-4症例 4 他医院で治らずインターネットで当院を見つけ来院された症例
■年齢  23才
■性別  女

■主訴  
顎が痛い、頭痛、ひどい肩こり、くいしばり、腰痛、めまい

■病気・薬等
アレルギー、喘息

■治療歴
他の医院で見てもらったが、大学病院を紹介するといわれ、全身がしんどくなってきて、インターネットで西村歯科を見つけた。

■治療の流れ

  1. 夜間のスプリントと昼間のスプリントを毎日装着
  2. 1ヶ月くらいで主訴となる病状がなくなった
  3. 正しい顎の状態で安定するまで夜用昼用両方の装置を装着(2〜3ヶ月)する
  4. 顎の安定後矯正治療を開始
  5. 矯正終了後体に合わない金属等をセラミックに交換

■良くなった原因
スプリントにより夜間食いしばり防御が出来たこと。
又、スプリントが自分に適合していた。

■院長記入
ひどいくいしばりがあったが、矯正をすることによりくいしばりがまったくなくなり、めまい、頭痛、肩こりもなくなった。
正しい噛み合わせが食いしばりをなくならせた要因だと考えられます。
また、体に合わない金属を除去することにより体調もさらに良くなった。

◆口腔内写真◆

顎の位置をマウスピースで修正後
矯正を開始
矯正後

 

不適合な金属
セラミックに交換





 

 

 

 
医院案内
院長紹介
アクセス
スタッフ募集
マスメディア実績
顎関節症
顎関節症治療
顎関節症治療コースと費用
セルフケア
良い姿勢とは
くいしばり改善
改善しない人とは
歯列矯正
床矯正
インプラント
入れ歯治療
歯周病
フレイル治療
質問フォーム
よくある質問

大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2008-2021 Nishimura shika. All rights Reserved