かみ合わせ治療の症例紹介 大阪堺市中区の西村歯科
 
 
   
   

 

 かみ合わせ治療の症例紹介(睡眠時無呼吸症候群の症例)

 



■当院で行ったほんの一部の症例を報告します。

3〜4日の来院で症状の改善が見られます。 


下の歯が見えない症例
前歯がすいている症例
反対咬合
アゴのズレが大きい
睡眠時無呼吸症候群
金属アレルギー
子供の矯正(床矯正)
くいしばりの症例
子供の症例



睡眠時無呼吸症候群の症例
 症例 5-1
睡眠時無呼吸症状は主に男性の方が多く下顎が下がり気道を防ぐために生じます。


【患者様体験談】

■治療歴
シーパップ・・・他院でデータを取って先生にも良くなっていると言われたが日中の眠気は取れず。様々な病院をまわり治療したがすぐ元に戻る。
シーパップとマウスピースの併用・・・呼吸は改善されたが症状は取れず。

■噛み合わせ治療後の改善点または感想
睡眠の質が改善され睡眠の大切さをとても実感してとても嬉しい。
くいしばりによる精神の興奮により夜眠れなかったのがリラックスできて良く眠れるようになった。

従来の上下のマウスピースだと下アゴを自由に動かすことが出来ず、余計にアゴの関節に負担がかかっていた。でもスプリントだとアゴが自由に動かす事ができ、気道も確保できるので睡眠が改善され良く眠れるようになった。


 

 

 

 
医院案内
院長紹介
アクセス
スタッフ募集
マスメディア実績
顎関節症
顎関節症治療
顎関節症治療コースと費用
セルフケア
良い姿勢とは
くいしばり改善
改善しない人とは
歯列矯正
床矯正
インプラント
入れ歯治療
歯周病
フレイル治療
質問フォーム
よくある質問

大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2008-2021 Nishimura shika. All rights Reserved